スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ Category:- ]

アドセンスの特徴

不労所得を得る方法として、初期資金が必要なく、しかもリスクも無いといっていいのが、インターネットのアフィリエイト。

アフィリエイトは報酬支払い方法やサイトの内容(作り方)によっていくつかの種類に分類することができます。

 ⇒ アフィリエイトの種類(報酬支払いの違い)
 ⇒ アフィリエイトの種類(サイト内容の違い)


では、それらと比較して、アドセンスにはどのような特徴があるのかみてみましょう。

アドセンスは始めるのが簡単

アフィリエイトを開始するには、アフィリエイトサービスを提供している会社と提携する必要があります。その際、サイトの内容が充実しているか等の審査があります。
なかには審査基準が厳しいところがありますが、アドセンスの場合はそれほど厳しくなく、初心者でも審査をパスするのは難しくないでしょう。

アドセンスは高報酬である

アドセンスは広告がクリックされると報酬が支払われるクリック保証型。
一般的なクリック保障型広告のクリック単価は1クリック1円程度です。一方、アドセンスの場合は1クリック数十円ということもめずらしくありません。
サイトのテーマをうまく選べば、単価が高い広告を表示させることができます。

アドセンスは手間要らず

通常のアフィリエイトの場合はサイト運営者がどの広告を表示するかを選ぶことが出来るのに対し、Googleアドセンスではサイト運営者が表示する広告を選ぶことができないという大きな違いがあります。

これは、逆に言えば、サイト運営者が広告を選ぶ必要が無いということです。アドセンスはページの内容に合った広告を自動的に配信してくれるからです。
どの広告を表示させるか、その広告主のサイト内容をチェックして提携申込をするなどの手間が必要ありません。


たとえ病気で寝込んでいても、旅行へ行っていても、銀行口座にお金がどんどん流れ込んでくる。それが不労所得

不労所得を得るという目的からすると、物販ショップ型アフィリエイトはサイト更新の手間がほぼ常に必要ということで、不労所得とは言い難いところがあります。
また、販売店の都合(取り扱いの中止やキャンペーンの終了、在庫切れなど)に振り回されるという面もあります。

その点、アドセンスであれば広告主の都合に振り回されることもなく、更新がほとんど必要無いサイトを作れば、さらに手間要らずで銀行口座にお金がどんどん流れ込んでくる仕組みを作ることができます。
[ Category:アドセンスの特徴 ]

スポンサーサイト

[ Category:- ]
   ⇒ [次ページ] アドセンス収入アップのポイント(1) >>

<< アフィリエイトの種類(サイト内容の違い) [前ページ]