スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ Category:- ]

不労所得(3)-株

不動産投資印税の次に不労所得といえば、株。
株投資で得られる収益は、インカムゲインとキャピタルゲインの2種類。
キャピタルゲインは値上がり益、インカムゲインは配当金。
一時的な収入ではなく、継続したお金の流れという点でいえば、インカムゲイン=配当金が私がめざす不労所得
キャピタルゲインをねらった株投資が主流ですが、インカムゲインねらいもよさそうですね。
ただ、いくら配当金が目的とはいっても、株価が大幅に値下がりするリスクもあるし、業績が悪くなって株価値下がり&配当ゼロというダブルパンチにあう可能性もあるわけで、やはり慎重に銘柄を選ばなくては。

配当率が高い銘柄を検索してみると、ちょっとリスクが高そうな企業が多いみたい。
配当率はあまり高くないけど、リスクが低そうな東京電力(株) (東証1部:9501)の場合、配当利回り 1.86%(2006/03/3時点)。
ということは、100万円の投資に対し、18,600円が1年で得られる収入(実際には税金がひかれる)。

まぁ、銀行預金などに比べれば利回りはいいけど、配当金で生活費を賄おうとすると、投資資金として2億円ぐらいは必要ってことになるよぉ〜、トホホ。


やっぱり株投資はキャピタルゲインをねらうべきなんでしょう。
その場合でも、あまり時間や手間がかからないほうがいい。
これまた、不動産投資同様、普通の(本当かなぁ?)サラリーマンでも稼げるらしい。

株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる 日経マネー 2008年 05月号 [雑誌] 相場ローテーションを読んでお金を増やそう―次の株高はいつ始まる? カリスマ主婦山本有花のおウチに帰って「ネット株」やろ!
[ Category:不労所得を得る方法 ]

スポンサーサイト

[ Category:- ]
   ⇒ [次ページ] 不労所得(4)-アフィリエイト >>

<< 不労所得(2)-印税 [前ページ]